このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年新卒入社

片田 詩織

警備課
大手企業のビル施設警備を担当。
その傍らで、幼少期より続けている競技スキーにも精力的に取り組んでおり、仕事と趣味を両立した生活を送っています。
警備課/片田 詩織
「守る」仕事に魅かれ、入社しました

「守る」仕事に魅かれ、入社しました

就職活動の際、当初はスポーツ用品店の販売員や銀行、不動産など様々な業種・職種を見ていました。
そんな中、五大テックを知ったのは仲の良い友達のお父さんとの会話がきっかけです。
警備事業への需要が増加していることは知っていたのですが、お話を聞くうちに人の命や財産を守る警備業に対して魅力を感じ、「やりがいのある仕事に違いない!」と選考に進みました。
面接は堅苦しい雰囲気ではなく、雑談を挟みながら楽しくお話をする形で進行したことを覚えています。
加えて、早い段階で内定をいただくことができたため、迷わず入社を決意しました。

安全を守るため、業務内容は多岐に渡ります

現在の業務はビル施設警備です。
具体的な業務としては、ご来館されたお客様への応対をはじめ、駐車場での車両誘導や入退館時の手荷物検査などがあります。
情報を取り扱う企業様のビル施設のため、機密情報が漏れないように施設を利用される方々の手荷物のチェックを行うことも大切な業務の一つなんです。
そのほかにも、来館を事前申請されていたお客様の入館時の手続きやゲストカードの受け渡しなど、様々な業務があります。
入社した当初は覚えることが多く、とても大変でした。
しかし、チームの皆さんが優しく教えてくださったおかげで、今では学んだ知識を活かして業務に臨むことができています。

お客様と直接関わることができることも魅力です

入退館される方々への挨拶や受付での応対など、日々の業務を通じてお客様と直接関わる機会は多いです。
中にはお客様が私の顔や名前を覚えていてくださることがあり、笑顔で挨拶を返してくださったり、話しかけてくださったりする方もいらっしゃいます。
そうした際、私は「お客様の安心・安全を守ることができている」と実感することができ、やりがいに感じています。
さらにお客様が安心して過ごしていただけるように今後も成長を続けたいですね。

憧れの先輩のような存在になりたいです

私が目標としている先輩は同性で年齢も近いのですが、経験豊富で社内からも頼りにされる、カッコイイ存在なんです。
私も先輩のように頼りにされる存在になりたいと考えていますが、まだまだ経験不足だと実感することも多々あります。
今後、責任のある難しい業務にも挑戦するためにも、まずは現在任されている業務を完璧にすることが直近の課題であり、目標ですね。
当社には分からないことはすぐに相談できる環境がありますので、積極的に学びを続けていきます!
プライベートと両立できる環境です

プライベートと両立できる環境です

「シフト制勤務は思った通りに休みが取れない…」というイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際に当社で働いてみて感じた魅力は、プライベートの時間もしっかりと確保することができる環境が整っていることです。
私自身趣味のスキーを楽しむためにシフトの調整をすることもありますが、申請は必ず受理していただけていますね。
仕事もプライベートも充実させたい方にはピッタリの環境がありますよ。
しっかり休んでしっかり働くというメリハリのある生活を皆さんもしてみませんか?
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

警備・守衛に関連する求人票を見る